Super English
大学入学共通テスト対策塾

News & Blog お知らせ・ブログ

2023年度合格者の声(東京大学文科一類)

Mar. 18, 2023 合格者の声

東京大学文科一類
慶応義塾大学経済学部
早稲田大学法学部 合格
Y.Sくん(岡山朝日高校)

生徒さんの声:
高校生活が始まるのと同じ頃にスーパーイングリッシュに入塾しました。高校受験ガチ勢だったこともあり同級生に比べると勉強はかなりできていたので、高校英語をかなり舐めていました。しかし、飛び級して1つ学年が上の先輩と一緒に授業を受けていると、自分の英語力がいかに不足しているのかを痛感し先輩についていこうと必死になりました。
授業のスタイルは多くの塾がやっている様な単語・語法・構文といった文法重視型ではなく、読むスピードや選択肢の切り方、リスニング対策といった実戦重視型で、先生の学校でやっていることは塾ではやらないという方針はとても効率的でした。授業では英検や共通テスト予想問題などを解いて、口頭で訳し段落要約を自分で説明することが多く、先生は題材の背景知識や英語圏の文化など、私たちが日本で普段生活している中ではなかなか身に付かない事柄を教えて下さいました。約3年間の大半を共通テスト対応に費やせたのが本番で英語を得点源にすることが出来た最大の勝因だと思います。
私が入塾した年度から大学入学共通テストが始まり、賛否両論ありましたが、先生は誰よりも多くの予想問題・模試を解き分析して、解き方の戦術を私たちに伝授してくれ、塾生は共通テストの英語に関しては同級生に対してアドバンテージを持てるようになりました。パターンの記憶よりも、実戦演習の方が重要であると実感しました。特に大きく変貌した共通テスト英語は戦略的な準備が必要です。よく「あれは英語力を測る試験ではない」と批判されますが、速読力や正確且つ持久力のあるリスニング力、思考力がないと正解に至らず、センター英語よりも2次に繋がる試験となっているため、私は適切な試験に代わったと考えます。
先生には一発勝負の試験当日を想定する大切さを教えて頂き、実際ストレスや疲労が貯まった状態でも本番初日最後の英語でベストなパフォーマンスを発揮することが出来ました。東大2次試験に関しても、私の苦手分野だった長文読解を大量に解き、間違えた問題について個々の原因を明確化するという作業に根気よく付き合って下さり、本番では納得のいく結果が出ました。また、3年間を通じてリスニングにも力を入れて下さり、家でのスキマ時間に毎日10分でも英語を聴くという習慣が身に付きました。おかげで共通テストでも東大の2次試験でもリスニングは成功しました。地理オタク且つ受験オタクで、英語力がバケモノ級な個性的な先生との授業はとても楽しく有意義な時間でした。3年間本当にお世話になりました!

保護者様の声:
最初は「英語脳を鍛えてくれそうな塾だな。バイリンガルの先生なら質問に何でも答えてくれそう。好奇心旺盛な息子の要求にも応じてくれそうかな」という期待で説明会を訪れました。そして通うようになって丸3年。毎週スーパーイングリッシュに行くのは楽しかったようです。難しい問題もたくさん解いて、多様な世界に関する話もして共に学んだ友達もでき、部活の試合や朝日祭など学校行事と被る際は可能な限り振替え授業もしていただきました。
ここまで続けることができたおかげで共通テストの英語は安定して点数が出るようになりました。東大の2次英語対策もしっかりやっていただいたようで、東大過去問はスーパーイングリッシュでしか解いていなかったようです。
毎月送られてくる近況報告メールは、オタクの息子の話をしっかり聞いて下さっているのがとてもよく伝わるものでした。また、模試結果の分析や色々な受験についての最新の情報も、先生の熱い思いがたくさん詰め込まれていました。
息子本人の頑張りはもちろんですが、色々な人たちとも関わり、おかげ様でずっと目指してきた第1志望の東京大学文科一類の現役合格をつかみ取ることができました。その色々な人の中に間違いなく先生がいらしたと確信しています。
3年間の長い間、本当にお世話になりました!