Super English
大学入学共通テスト対策塾

News & Blog お知らせ・ブログ

岡大医学科の県内生現役合格確率は0.15%!?

Apr. 13, 2021 大学合格戦略

岡山最難関の岡大医学科の高校別合格者ランキングが発表されました。県内では岡山白陵が昨年に続き9名(現役4名)でトップ、次に岡山公立中高一貫校の大安寺(3名)と操山が各5名(2名)と4位に躍進しました。岡山朝日4名(1名)は前年から3名減らして7位、倉敷天城2名(1名)、津山・岡山高、朝日塾中教が既卒各1名で、合格者を出せた県内8高校の地元占有率は約1/4に留まりました。

県外勢は岡白と1位タイの9名で愛光と高砂白陵、4位タイに5名の広大福山、8位は3名の高松、以下西日本トップ女子校の神戸女学院、ND清心、洛南、ラ・サールなどが2名合格。国立医学科合格者数日本一の東海、甲陽学院、広島学院、九州トップの久留米大附設など全国の私立一貫校から攻め込まれています。 岡大は標準レベルの全学部共通2次試験で特別な対策が要らず、旧帝医学科志望だった上位層が受けてくるので怖いですね。京都医から落とした徳島文理高の女子も現役合格しましたが、次席の男子2名を岡山から現浪合わせて合格者ゼロだった大阪医、九州医に合格させた私立一貫校の首席でした。

定員が4名しかない岡山県地域枠より多く5名採る国際バカロレア(IB)枠にも注目です。去年は群馬国際アカデミー、鴎州塾系のAICJ が、今年は茨城の茗渓学園、静岡の加藤学園暁秀、広島英数学館とIBコースがある高校が現役生を1名ずつ送り込んできました。超進学校がしのぎを削る一般枠よりIB枠の方が圧倒的に合格し易いですね。G20健康大臣サミットを招致した岡大は地域医療よりも世界を見据えているようです。

〇〇よびさんが岡大医学科合格者28名を全面アピールしていますが、国医と重複合格できる防衛医(補欠合格辞退者も含めて水増し)産業医を除くと前年より国医合格者を10名以上減らしています。10名減らした徳島医をはじめ、地元香川医、鳥取医の主力3大学で計20名減らしたのが主要因です。しかも岡医に合格した28名の過半数は愛光、高松などの県外生で岡山の高校卒は10名しかいません。1000名を超す浪人生の上位1割しか医学科に合格できない予備校で「私も岡医に合格できる」なんて安易に夢を見ない方が賢明だと思います。

岡大医学科の県内現役合格者数の減少は深刻です。岡白4名、大安寺3名、操山2名、朝日・倉敷天城各1名で地域枠推薦を入れても11名、7000名余りの共テ現役受験者に対する割合はわずか0.15%、現役合格者を出せたのは5校のみです。公立絶対トップの朝日でさえ現役で1名しか受からないほど難化しており、現役合格を最優先する塾生には共テが800点近く取れた場合しか岡医は怖くて勧められません。まずは四国・山陰の国立医学科の合格可能性を固める確実な戦略で挑んでもらいたいと思います。